平成24年11月1日からスタートしている建設業許可申請の際の社会保険・厚生年金、労働保険の加入の有無のチェックですが、加入していないで申請を出した場合はどうなるのでしょうか?

省令改正により、許可申請書に保険加入状況を記載した書面が追加され、同時に確認資料の提示も求められるようになっています。

しかし、建設業許可の要件として社会保険・厚生年金、労働保険の加入が求められているわけではありません。未加入を理由に建設業許可を受けさせないということではないのです。大阪府などの窓口でも受け付けをしないというようなことにはなっていません。

大阪府では、許可通知を出すのとは別に、保険に加入するように指導をしていくようです。それでも加入しないようであれば、当局に通報するという流れのようです。

社会保険は法人であれば無条件で加入ですし、個人事業主でも従事者が常時5人以上いれば加入というのが決められているので、これは遵守する必要があります。建設業許可申請を行う段階では未加入でもかまいませんが、その後はスムーズに加入するということが求められています。